ABOUT US

京都には、織物の産地として、京都市内北部にある「西陣」と京都府北部にある「丹後」という産地があります。

西陣織の起源は、5〜6世紀にかけて、豪族の秦氏が行っていた養蚕と織物まで遡ることができます。

応仁の乱以降、西軍が本陣を構えていた場所付近に、職人衆が集まり織物業を再興してから400年余。

数多の絢爛豪華な織物が、西陣の地で製造されてきました。

丹後は「丹後ちりめん」として全国に知られており、現在、日本国内における絹織物の最大の産地となっています。

その起源は、江戸時代の享保年間に絹織物を織り始め、

明治時代に導入されたジャカード織による「紋ちりめん」が主流となり、

丹後地方の地場産業として発展してきました。

この2つの地域の西陣と丹後は、

同じ京都の中にあり、同じ織物産地として、 人や道具・技術を、共に交流・発展させてきました。

長い歴史の中、連綿と技術が受け継がれ、今や京都を代表する伝統工芸品にまで発展した西陣と丹後の織物。

21世紀に入り、流行の波や伝統産業の存続の危機に晒されるなか、

織物を支える現代の若手職人達が、従来のイチ裏方としての職人の枠を飛び越え、

「自分達が作りたいものを作ろう」と立ち上がりました。

ユニット名を「hibaco」(「杼箱」…シャトル(杼)が出入りする箱)と名付け、

杼箱からシャトルが飛び出すように、職人それぞれが個々の個性を活かし、

織物産業の歴史の織り目を繋いでいこう、という想いを込めました。

たくさんの方々に織物の魅力を知っていただき、 今後も永く使われ愛されることを祈りながら、

今日も職人達は、ひと織りひと織り、誠心誠意こころをこめて糸を重ねていきます。

若手職人が織りなす新しい伝統と革新の軌跡。 ぜひ今後の活躍をご期待ください。

 

member

Follow on Instagram!

LATEST NEWS

職人紹介「小林亨」

西陣の小さな織物屋の4代目、織前に立って5年になります。織り始めて日が浅くまだまだ未熟ですので日々勉強していま […]

test3

text3   est3test3test3test3test3test3test3test3test3tes […]

test2

test2test2test2test2test2test2test2test2test2test2test2 […]

see all news section